リドワン・オイコラの日本での期待できる活躍

Scorpion knocking down Manat

リドワン・オイコラ 通称 “スコーピオン

リドワン・オイコラ または”スコーピオン”として知られるナイジェリアのボクサーは、日本で話題になっています。BIJでは、このナイジェリアのボクサーについて詳しく紹介しています。彼の戦い方に病みつきになるかもしれません。

最大限に相手を刺すことができる彼は、出場するすべてのイベントで話題になっています。では、リドワン・オイコラ、 “スコーピオン”が日本でどのようにして大物になったのかをお話しましょう。

リドワン・オイコラ 通称 “スコーピオン”

Ridwan Oyekola aka “Scorpion”

2018年、元国内ライト級チャンピオンが引退

2018年12月28日に開催されたGOtvボクシングナイト15で、スコーピオンは元国内ライト級チャンピオン、ヌルディン “プリンス” ファタイを引退させることが予想されました。予想通り、スコーピオンは元ライト級チャンピオンを退けました。

2019年、フェザー級タイトルに挑戦

2019年4月12日、再びGOtvボクシングで開催されたイベントで、現チャンピオンのタオフィーク “タオゾン” ビスガを撃破しました。GOtvボクシングで最優秀選手賞を受賞し、対戦相手に跳ね返しました。

2020年、アルゼンチンのボクサーとのWBFスーパーフェザー級タイトル戦

2020年12月27日、リドワンにとって人生が変わるチャンスが訪れました。試合前にオヨ州のアラフィン、オバ・ラミディ・オライヨラ・アデエミを訪ね、リドワンに祈りを捧げ、有益なボクシングの技術を伝授しました。

試合はイバダンのイラジ・ホテルズ・アンド・スポーツ・リゾートで行われ、空位のベルトをめぐる戦いでした。リドワンは試合に勝利し、202012月のWBF月間最優秀選手に選ばれました。

2022年、初のアジア国である日本でのデビュー。

2022年9月4日、ナイジェリアの世界ボクシング連盟(WBF)スーパーフェザー級チャンピオンが、日本・札幌で初のアジアデビューを果たしました。日本で第2位にランクされているダイスケ・ワタナベ選手を破りました。

その後の12月には、ナイジェリアの戦士は、高いランクを持つヒカル・フクナガ選手と戦い、勝利しました。

2023年、ナイジェリアのオイコラ リドワン「スコーピオン」が最初のラウンドでタイの対戦相手をノックアウト

日本で大物に

リドワンは、前回の試合以降、非常に厳しいトレーニングを積んでいました。体重を減らし、最大限のレベルで食事を変えていました。

オイコラは日本のボクシング界で話題をさらい続けていますが、1月22日に行われた試合は、今までで最も記憶に残る試合の1つでした。沖縄市体育館で行われた試合は、「沖縄大混乱」という見出しの記事で報じられました。対戦相手はタイのマナット・ソーパティップ選手でした。

初めは、ソーパティップ選手は90秒で2回ダウンし、試合は瞬く間に終わりました。ナイジェリアのボクサーは、ソーパティップ選手に右フックを受けてノックアウトされたことで、初回で勝利しました。これにより、ナイジェリアのボクサーは、boxRec.comによると、スーパーフェザー級世界ランキングで100位からトップ10に近い位置に上がりました。

Rydwan and Manat posing after the weighing

まとめ

リドワンは、現在のところアジアでのすべての試合で無敗であり、日本の戦士たちを次々と打ち破っています。日本だけではなく小さな島国の戦士たちを驚かせ、恐れさせています。リドワンと戦うことを恐れる日本の戦士もいるほどです。

一方で、彼は他の高ランクの戦士たちを挑発し、リドワンと戦いたがるようにもなっています。彼は3月20日に後楽園ホールでの別の試合を予定しています。リドワンは話題の人物であり、日本の戦士たちを巻き込んでいます。彼の試合でのパフォーマンスは、非凡です。試合を目の前で見ながら、彼が戦っているのではなく、「演じている」と感じます。

そして、リドワンはインタビューで自分の戦い方について語っており、「戦いではなく、遊びです。楽しんでやるだけです」と述べています。これは、世界中のボクシング業界を変えるパフォーマンスです。彼は、厳しいトレーニングをし、さらに激しくパフォーマンスをすることで、日本で大物になりました。しかし、最も重要なのは、彼が本当に愛していることに情熱を持って取り組むことです。彼が日本で大物になる中、リドワン・オイコラ別名「スコーピオン」がどこまで世界を刺激するか見ていきましょう。

Scorpion knocking down Manat
scorpion winning the fight at Okinawa match in Japan.

動画はBIJ Biginjapan podcastからご覧いただけます。無料で会員登録はこちら。

Related Articles

日本の刺青彫刻 – 東京タトゥー物語 – エピソード1

タトゥーアートは、縄文時代にさかのぼる数千年にわたる日本の豊かで複雑な歴史を持っています。 その核心において、タトゥーは常に深く個人的で精神的な実践であり、それぞれのデザインが独自の意味と象徴性を持っています。 江戸時代には、刺青は禁止され、犯罪と結びつけられていましたが、それは結果的にこの芸術形式を地下に追いやり、その進化を推進し、irezumiとして知られる独特のスタイルに発展させる原動力となりました。 今日、日本のタトゥーカルチャーは、伝統的なスタイルと現代的なスタイルがグローバルなタトゥーコミュニティの中で自己の場所を見出し、活気に満ちた繁栄するシーンとなっています。

なぜGACKT(ガクト)がレジェンドと呼ばれているのか

『なぜGACKT(ガクト)がレジェンドと呼ばれているのか』 〜はじめに〜 GACKT(ガクト)プロフィール ロック界の大御所GACKT(本名:大城ガクト)は沖縄県出身のアーティストです。 生まれは1973年7月4日。血液型はA型。   所属事務所:個人マネジメント事務所 「VENUS」   主な仕事の活動内容は、 ・歌手 ・俳優 ・音楽プロデューサー  ・演出家 ・執筆家   など。   デビュー作 ・Misérable アルバム 1999年   代表作 ・Vanilla (シングル)/1999年 ・風林火山 (NHKテレビ・大河ドラマ)…

BIJ 夏海とモデルプレナー

夏海さんについて 2019年のミス・スプラナショナル日本代表に選ばれ、めでたく栄冠を手にした夏海さんが、その体験談をポッドキャストで語っています。 日本代表になれなかった他の参加者方の夢まで責任を持つため故郷の大阪から東京に上京しました。 ポジティブ維持 中学生の頃から自分の身長を武器にソフトボールやキックボールを部活でやっていました。 ある日母に、斎藤一人作者による本を勧められて本を読むことにとても興味を抱きました。 本を読む事で夏海さんは自分の本当の姿を見つけることができました。 また、”笑う門には福来る”ということわざを座右の銘にし笑顔は笑顔呼び、連鎖して幸せな空間を作り出し、笑っていれば前向きになれるし笑っている人の周りには人が集まりますことを信じ続けました。 東京に上京してきたことで色々な機会が増えたことに気づき、 身長177センチということを生かしながらモデル活動と2017年には東京麻布十番でネイルサロンを開業し他にもいろんなことに挑戦しています。 ミスコンテスト ネールサロンを開業してから3年、次に何ができるかを考えていたところある一人にインスタのフォロワーからミスコンに参加する事を勧められた。 それから自営業を始めようとしている女性たちをサポートしていきたいという目標を持ってたくさんのレッスンに参加してきました。 このようなコンテストに参加することが初めてかなり緊張感があったが将来活躍する女性方を支援したいという強い思いを審査員の方々に見せることができ次に進むことができました。 レッスンやレクチャーに参加することでミスコンの大変さを実感することができました。 身長が高いためヒールに履きなれていなくて、いつも履きなれている参加者より上手にかつ完璧に歩くこが悔しかったが、 そのため自分のアピールを他の参加者の方よりも審査員方に伝えられるように日々励みました。 トレーニングをすることで健康的かつ楽しく厳しいレッスンに参加することができました。 “笑顔でいるためには、さまざまな工夫が必要ですが 誰にでもできて効果が期待できるもののひとつに運動をするということが挙げられます。 運動をすれば、体が健康になり、ポジティブホルモン(セロトニン)も出て、気持ちが活発になります。 私はモデルをするために、運動をしているというよりも、自分の心身ともに健康でいるために運動をしていると言っても過言ではなく、 その延長にモデルのためのボディメイクがあるというイメージです。” コンテストに初めて参加してから8ヶ月後には全国大会で優勝し日本の代表として約80カ国の代表者が集まる世界大会ミススプラナショナルに参加することができました。 まとめ…

Responses

Your email address will not be published. Required fields are marked *