【緊急記者会見】ボビーオロゴン:ボクシング試合の”替え玉”騒動について

2023年5月14日に行われたボクシングの試合にボビーオロゴン氏の息子であるJJオロゴン選手、及び、ボビーオロゴン氏が自らナイジェリアでスカウトしたリドワン・オイコラ”スコーピオン”選手が出場。

両名ともに1ラウンドのKOという快挙を果たしたが、違和感を感じたJBC(日本ボクシングコミッション)は調査を依頼した。その結果、両選手の対戦相手が”替え玉”であり、素人であっることが発覚し、先日、ボクシング試合を主催した「平仲ジム」の平仲信明会長が謝罪した。

一方で海外に渡航中だったボビーオロゴン氏は、先日帰国し、本日の緊急記者会見で詳しく話すことになった。


 

Related Articles

リドワン・オイコラの日本での期待できる活躍

リドワン・オイコラ 通称 “スコーピオン リドワン・オイコラ または”スコーピオン”として知られるナイジェリアのボクサーは、日本で話題になっています。BIJでは、このナイジェリアのボクサーについて詳しく紹介しています。彼の戦い方に病みつきになるかもしれません。 最大限に相手を刺すことができる彼は、出場するすべてのイベントで話題になっています。では、リドワン・オイコラ、 “スコーピオン”が日本でどのようにして大物になったのかをお話しましょう。 リドワン・オイコラ 通称 “スコーピオン” 2018年、元国内ライト級チャンピオンが引退 2018年12月28日に開催されたGOtvボクシングナイト15で、スコーピオンは元国内ライト級チャンピオン、ヌルディン “プリンス” ファタイを引退させることが予想されました。予想通り、スコーピオンは元ライト級チャンピオンを退けました。 2019年、フェザー級タイトルに挑戦 2019年4月12日、再びGOtvボクシングで開催されたイベントで、現チャンピオンのタオフィーク “タオゾン” ビスガを撃破しました。GOtvボクシングで最優秀選手賞を受賞し、対戦相手に跳ね返しました。 2020年、アルゼンチンのボクサーとのWBFスーパーフェザー級タイトル戦 2020年12月27日、リドワンにとって人生が変わるチャンスが訪れました。試合前にオヨ州のアラフィン、オバ・ラミディ・オライヨラ・アデエミを訪ね、リドワンに祈りを捧げ、有益なボクシングの技術を伝授しました。 試合はイバダンのイラジ・ホテルズ・アンド・スポーツ・リゾートで行われ、空位のベルトをめぐる戦いでした。リドワンは試合に勝利し、2020年12月のWBF月間最優秀選手に選ばれました。 2022年、初のアジア国である日本でのデビュー。 2022年9月4日、ナイジェリアの世界ボクシング連盟(WBF)スーパーフェザー級チャンピオンが、日本・札幌で初のアジアデビューを果たしました。日本で第2位にランクされているダイスケ・ワタナベ選手を破りました。 その後の12月には、ナイジェリアの戦士は、高いランクを持つヒカル・フクナガ選手と戦い、勝利しました。 2023年、ナイジェリアのオイコラ リドワン「スコーピオン」が最初のラウンドでタイの対戦相手をノックアウト…

Responses

Your email address will not be published. Required fields are marked *